• 困惑してる人
  • アップルのパソコン
爆睡

調子が悪くなったら

そんなパソコンも使用していると、不具合が発生することがあります。外部からの衝撃を与えてしまったり、水がかかってしまうなどといった電化製品にご法度奈行為をしてしまう場合はもちろん、途中で電源を強制的に切ってしまうなど、ルールに従わない行為もその故障の原因となります。しかし、そういった場合でなくとも、使用継続による保存容量の増加や、負荷の大きい作業によるシステムのパンクなどによっても正常に動かなくなる場合があります。

修理は専門業者へ
パソコンの不具合のうち、軽いものであれば、すべてのプログラムをインストールしなおすことで対処できる場合もありますが、それでは回復しない場合もあります。そういったときには専門業者に修理依頼するほうが安心です。特にパソコンの中だけに保存している重要な情報がある場合には、その情報のみを抜き取ることもできます。その容量により値段は変わりますが、1万円から多くとも数万円レベルで残すことが可能です。パソコン本体の値段は修理せず、買い換えたほうが得な場合も多いですが、情報は取り返すことができないため、うまく選択することが重要です。

アップルのパソコン

場合によっては買い替えを

誰でも自分の持ち物の中には、愛着のあるものがあったりもしますし、まだ使えるものを破棄するのに抵抗のある人もいるでしょうが、サービスが終了しているのなら、独自にメンテナンスできなければ、買い直すしかないですし、旧式で修理にコストがかかり過ぎる場合は、いっそ買い直した方がいい場合もあります。

なので通常は、自分でメンテナンスする知識や技術を持つか、それが無理なら、保証期間中はその業者に委託し、保証期間経過後は買い直しという基準を持つべきでしょう。

パソコンの値段
テクノロジーの世界は日進月歩で、その進化を遂げていっています。10年前ではそこそこのレベルにあったものでも、今の世の中では化石扱いされかねないほどです。次々とニューモデルが各社から発売され、型落ちのものはすべて店頭には見られなくなるという現象が当たり前になっています。技術の向上により、値段が上昇しているかといえば、そんなことはなく、値段据え置きで技術のみが向上している状態なのです。そのため、新しいモデルが発売されれば、どんどん新しいものに買い換える人もいます。

困惑してる人

パソコンの修理代って

今は生活に必要不可欠とも言えるパソコン。

一家に一台どころか一人一台の時代、万が一のトラブルには自分で対処できるようにしておきたいものです。
しかしそうは言っても、機能の把握もままならずに使っているユーザーも多いでしょうし、いざそのパソコンが調子悪くなった場合、どのようにしていいかわからないユーザーも多い事でしょう。

そこで今回は、いざトラブルが発生した時に、その修理は「どれくらいの値段で行われるのか」。

この点を調べてみたいと思います。

業者による差はあるのか
当然に修理に出すのであれば、どこに依頼するのかでそのサービス内容も変わってくるでしょう。

基本はそのパソコンを購入したメーカーに委託すべきでしょうが、中には保証期間が終了していたり、あるいは保証書の紛失という事態もあり得るでしょうから、メーカーの比較をしてみましょう。

この点、結論から言えば、そう大きくはありませんが、やはり差があります。取り扱っている機種にもよりますが、最新機種ならばそう大きな差はないみたいですが、やや前の機種やかなり古い機種になると、サービスが終了している場合もありますので、修理に結構なコストがかかる事もあるようです。